DESIGNERS GUILD デザイナーズギルド 2017秋冬コレクション

デザイナーズギルド2017AW

出ました!イギリス発「DESIGNERS GUILD デザイナーズギルド」「WILLIAM YEOWARD ウィリアムヨワード」の2017秋冬コレクションです\(^o^)/

先ずは、ギルドから「TULIPA STELLATA」

tulipa stellata fabrics

モダンにも合うシックでカッコいい空間

tulipa stellata fabrics

こちらは女性らしい柔らかな色合い

tulipa stellata fabrics

心が落ち着く柔らかいブルー

他にもまだまだ沢山の生地がこのコレクションには集録されていますが、そのご紹介はまた後日(^_-)-☆

次にヨワードから発表された新コレクション「LARKIN」「PHILIPPINE」「PELLENPORT」のほんの一部をご紹介。fabrics

pellenport

こんなに楽しい組み合わせもアリです!

philippine

モノトーンの色彩がとてもオシャレ!

larkin

ブルーが基調の空間

そして本日、その新作発表会に行ってきました。

植物をモチーフに大胆かつ絵画のような繊細に色使いが美しい生地の数々♪ 見ているだけでワクワクします。カーテンや椅子の張地を変えるだけでお部屋がこんなにも素敵になるなんて!!みなさん、知ってましたか?

デザイナーズギルド

デザイナーズギルドの独創的な世界観に魅了されます

上の写真の中央に掛かっている黒地に白い花柄です。見本帳でみるとクールな印象ですが、窓に掛けて陽の光が当たると何とも幻想的で柔らかい雰囲気になるとても素敵な生地でした!

floral design

とってもシックでカッコいいい生地です

↓こちらは水彩画のようなタッチと実際の花の画像が組み合わされているそう。観ているだけですーっと引き込まれてしまいます!

floral design

絵画のような素晴らしいデザイン

「こんな大きな柄のカーテンをお部屋に掛けるのはちょっと勇気がいる・・」「圧迫感が出てしまうかも・・」「色のカーテンは掛けたことがないから・・」とよくおっしゃる方がいるのですが、そんなことはありません! 確かに日本の住宅は欧米に比べて天高が低いのですが、様々な大きさや形の窓に楽しんでもらえるように生地のデザイナーだってちゃんと考えているのです(^^) 例えば-、大きな体の人だから大きな柄のスカートをはかなければいけないなんてありません。小さい体の人だって大きな花柄のスカートをはいたっていいのです。要は、その人がいかにその柄や色を好きかどうか、どういう組み合わせにしたらより素敵に見えるかに尽きるのですから(^_-)-☆

インテリアを楽しく彩りましょう!!


恒例のハギレセール 延期のお知らせ<(_ _)>

春と秋、年二回恒例のハギレセールの時期がやって参りましたが、今年の秋は大変申し訳ございませんが延期とさせて頂きます。

本来は商店街のイベントとして店舗前の道路が歩行者天国になるのですが、今秋は急に道路使用ができなくなってしまいました。店内だけではスペースも足りないため開催が難しく、改めて開催方法も含めて再検討致します。

年明けに開催できればと考えておりますが、決定すればブログ等でご案内は致しますので都度チェックして頂くかお電話いただければと思います。

それまで皆様、お年玉は使わずに取っておいてくださいね!!

楽しみにされていた皆様、大変申し訳ございません。ハギレセール2017秋 延期のご案内

 


フランスから素敵な輸入生地

日々バタバタしているとどうしてもブログが後回しになってしまい。。前回から大分時間が経ってしまいました(^^;)

先日ご紹介した横浜市N邸の続きです。

N様のこだわりで、そのから見える洋室の小窓にも素敵な生地をお選びになられました!

フランス ファブリック

玄関先のベンチに合わせてカラフルは生地で

 

ボタニカルフラワー

なんとも色鮮やかなボタニカルフラワー!!

外から見た洋室の窓。玄関のすぐ横にある窓なので、言わばお家の顔デス。外を通る人の目も惹きつける素敵な生地は、1935年創業のフランスの老舗PIERRE FREY社。麻にフランスらしい色鮮やかな刺繍が施してあるそれはそれは美しい生地です。とても高価な生地なのですが、このように小さな窓でしたら使用する量も少なく抑えられますし、何しろ個性的で鮮やかな柄だからこそ小さな窓に掛けるとより柄が活きてくるのです。

まるでフランスの郊外をお散歩している時に出会った素敵なお家のようですね(^_-)-☆

このような素敵な生地がもっと日本のメーカーからも生まれてくると良いのですが・・・何故か無難で地味なものばかり(>_<) 日本って機能が優先でデザインが後回しになってしまうのです。生活を豊かにするのは便利な機能ばかりではなく、美しさや創造性も必要だと思うのです。そんな風に素敵な生地を探していたら、デコラドールは国内品よりも海外の輸入

生地の方が多くなってしまいました。一度お店に是非見にいらしてください♪


やっぱり天然素材! リネン(麻)に刺繍の生地

横浜市N邸のご紹介です! 少し前に施工していただいたのですが、日々の忙しさでブログの事例を掲載するのが追い付かず、、、でしたが、今後頑張ってアップします!

とても仲の良い素敵なご家族のLDを施工させていただきました。何度も家族会議を開かれてじっくりお選びになられた生地は、ZOFFANY社(イギリス)のリネンに刺繍の生地です。植物と小鳥をモチーフにした刺繍がなんとも素敵!!イギリスらしい素朴な色合いがお部屋の中で溶け込みます。小鳥のさえずりが聞こえてきそうです(^^♪

麻 刺繍

この透け感! やっぱり麻の生地は素敵!!

バランス

三連窓なので各シェードを付けて、上飾りのコーディネート

三連窓の上に上飾り(ボックスバランス)を付けました。単純に共布で作るのはつまらないので、上下にアクセントカラーのブラウンを加えて更にリムで抑えます♪ これだけでもグッとオシャレになるのです!

バランス 上飾り

上飾り=ボックススタイルに上下ボーダーとトリムを付けたバランスです

トリム

シェードの裾にはガラスビーズのトリムを付けました

 

素敵なお庭が見えるダイニングルーム!カーテンで使用した生地は、CLARKE&CLARKE社(イギリス)のこちらもまた麻混の生地です。麻などの天然素材は室内の環境で生地が伸縮します。でもそれが天然素材の特徴でもあり、何と言っても化繊にはない優しい風合いがたまらなく良いのです!!

麻 刺繍

こちらも麻にチェーンのような刺繍が施されています!

 

共布タイバック

共布タイバックはフリル付き♪

共布タイバック

デコラドールには海外各国からの素敵な生地が沢山あります!

日本ではポリエステル100%が標準ですが、欧米の生地は天然素材が多く使われています。自然のものなのでどうしても癖がありますが、こだわりを持った方はやはり天然素材の生地を選ばれます。化繊では出せない素朴で優しい風合いが”布”を好きな方にはハマるのです(^_-)-☆ 素敵な生地の数々、一度当店に見にいらしてください!

 


畠中光享コレクション ーインドに咲く染と織の華-

渋谷にある松濤美術館にて開催されている「畠中光享コレクションーインドに咲く染と織の華-」を観に行ってきました。

インドの布

インドの美しい布

日本画家である畠中光享氏がコレクションした様々なインド染織を観ることができます。木綿の布に木型で文様を付けた美しい染物や、気が遠くなるような細かい手刺繍の数々・・当時の技術のすばらしさに感動です!世界に多大な影響を与えたインドの染織物。当時のデザインは現在のインテリアファブリックにも引き継がれているのですね。

ベッドカバー

ベッドカバー:ヨーロッパ市場向けに作られた木綿 手描染 (18世紀前-中期)

木綿の天蓋

天蓋布:木綿の木版捺染(19世紀初期)

布地

布地:麻の木版捺染(18世紀末期)

覆い布

覆い布:西インドの木綿 銅板捺染(19世紀初期)

イチゴの柄

カワイイ柄です!現代のデザインにも引用されているのを見かけます

animals

ターバン

18世紀初期~20世紀初期のターバンです!!とてもカラフル♪

ターバン

キルト

木綿木版・銅板捺染のキルト(19世紀末)

キルト

肩掛け

肩掛け:カシミール地方 羊毛で織られたショール

肩掛け

アップリケ

掛布:20世紀初期 木綿のアップリケ

敷物 壁掛け

ベンガル地方で作られた木綿の刺繍・刺し子(19世紀後期)

敷物 壁掛け

ベンガル地方で作られた木綿の刺繍・刺し子(19世紀後期)

敷物 壁掛け

動物の毛並みも一針一針・・手刺繍です

技法

9月24日(日)までの開催ですので、ご興味のある方、お時間のあるかたは渋谷をお散歩がてらに是非(^_-)-☆

畠中光享コレクション

 

 


第六回 椅子張りワークショップ開催のお知らせ

椅子張りワークショップ 次回は9月26日(火)開催です♪

第六回isuisuワークショップの画像

「まずは自分で張り替えてみよう!」をテーマに初心者向け講座です。座面を簡単に外せるダイニングチェアを使って張り替えを実演、参加者にも実際に作業してもらいます。参加費は無料、張り替えに必要な道具は会場にご用意いたしますので、どなたでも手ぶらでお気軽にご参加ください。先着6名様となりますのでご希望される方はお電話(03-5491-7444)もしくはメール(info@decorador.co.jp)でお申し込みください!

参加費はもちろん無料(要予約)で練習用の生地もご提供致します。工具もお貸しいたしますので手ぶらでOK!

参加者限定の割引クーポンもお渡し予定ですので気に入った生地があれば当日でもご注文を承ります(輸入生地の場合納期は3週間前後となります)。

【第6回開催概要】

日時 :9月26日(火)14:00~15:00
参加費:無料
定員 :先着6名 前日の17時までにお電話もしくはメールにてご予約下さい。

会場 :「オーダーカーテン&ファブリック専門店DECORADOR デコラドール」店内

所在地:東京都世田谷区玉川4-9-15  二子玉川駅徒歩10分
申込先:電話:03-5491-7444
メール:info@isuisu.jp もしくは info@decorador.co.jp


ローマンシェード+両サイドボーダー

港区S邸の施工例です♪ ブルーがお好きなオシャレな奥様にお選びいただきました生地は、イギリスのROMO社 「Orvieto」です。シンプルなウッド柄ですが、存在感がありますね。ブルーの濃淡がとても素敵!シルク混紡なので自然な柔らかい光沢感があり、とても上品です。

本来シルクが混紡の生地をローマンシェードに仕立てることはあまり無いのですが、諸々ご理解いただいた上お作りしました。やっぱりこの柄はシェードやタペストリーとして使うと柄が映えます!

シェード+サイドボーダー

両サイドにブルーのボーダーがオシャレなアクセント!

シェードとレースカーテン

レースカーテンは通常のヒダ山スタイルにしました

シェードとレースカーテン

シェードを上げるとまるでフラットバランスみたいですね!

両サイドは薄いブルーに濃いブルーのパイピングを付けました。こちらの無地は綿100%で光沢感のあるこれまた美しい無地で、JAB社(ドイツ)のものです。

木の柄の生地

Orvieto Lazuli / ROMO

ボーダーとパイピング

帯の薄いブルーと本体のウッド柄との間にパイピングを施しました

 

ベッドルームはお家の中でもインテリアが簡素化されやすいお部屋ですが、ちょっとオシャレに装飾するだけで全然違います。寝室だからこそ好きなものに囲まれて一日の疲れを癒したいものですよね。

デコラドールではお客様のお好みに合わせて生地をご提案し、色・スタイルなど一つ一つゆっくりじっくり相談しながらお客様と一緒にお部屋作りを楽しみます。いつでもお気軽にご相談くださいませ(^^)