飛んだり跳ねたり寝転んだり(^^)の子供部屋

N邸の子供部屋のご紹介♪ くりっとしたまん丸お目目の可愛らしい男の子のお部屋です。日に日にわんぱくになる男の子。自分のお部屋で飛んだり跳ねたり寝転んだり出来るようにとフローリングの上にタイルカーペットを敷くことをお薦めしました。タイルカーペットならフローリングを傷つけることなく施工でき、汚れた部分は取り換えることもできます。また、タイル状なので好きな色を好きな位置に配置できるのも楽しいですね! 今回は元気いっぱいの黄色をベースに、四隅は男の子らしく濃いブルーを配置しました。

子供部屋

ストライプの壁紙に黄色とブルーが映えて、明るく楽しいお部屋

このように様々な配置を考えてご提案します(^^)v 色を置く位置によってずいぶん印象が違いますよね!

タイルカーペットの配置案

タイルカーペットの配置案

カーテンはカーペットの色に合わせてイエローとブルーのチェック柄。中央の端にボンボントリムを付けて遊び心たっぷりのカーテンです。レースカーテンも床に合わせてイエローです!

カーテンとカーペット

カーテンとカーペットの配色がバッチリ(^_-)-☆

これならお友達が来ても思いっきり遊べそうですね!

デコラドールではカーテンだけでなく、カーペットや壁紙なども合わせてご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください。


花粉・ハウスダスト対策にカーペット(絨毯)も有効!

先日塩尻市のT邸でもご紹介しましたが、インテリアとしての床材を考えた時に現在はフローリングが主流ですが、カーペット(絨毯)という選択肢もあるので忘れないでください。デコラドールでは国内メーカー品(サンゲツ、東リ他)のみならず海外メーカーのカーペットの施工も承っております。

マンションでも戸建でもモデルハウスでも雑誌でも当然のことのようにフローリングが標準ですよね。何故か日本においては床=フローリングという固定観念が定着してしまっているのが残念です。もちろん悪いことではないのですが、みんながみんな同じスタイルでなくてもいいと思うのです。住まう人がそれぞれのメリット&デメリットを把握し、さらに好みで選択できることが本来の住宅のあり方です。

今回はVORWERKフォアベルク社のカーペットをご紹介します。1883年創業のフォアベルクはドイツのトップメーカーです。パイル密度が極めて高く、耐久性にも優れており、ドイツの厳しい性能試験をクリアしています。また健康に害のない原料を使用しており、ハウスダストの発生を抑制します。何と言ってもこのフォアベルクカーペットの魅力は色彩豊富でテクスチャーも最高!絨毯の上を歩いた時のふわふわ感は心地よく、ゴロンと寝転んでしまいたくなるほどです(^_-)-☆

カーペットの画像

フォアベルク社のカーペット。綺麗な色も沢山あります!

 

質感の高いカーペットの画像

ふわふわで気持ちいいんです!

カーペットは誤解されている部分も多く、カーペットというと良くハウスダストやダニの問題が浮上してきますが、意外とフローリングの方がハウスダストや花粉が舞いやすいのをご存知ですか? こちらはインテリアファブリックス性能及び評議会及び日本カーペット工業組合が制作したハウスダストに関しての動画です。ハウスダストの舞い上がり方はフローリングに比べて1/10と少ないそうです。

ARVE Error: id and provider shortcodes attributes are mandatory for old shortcodes. It is recommended to switch to new shortcodes that need only url

フローリングもカーペットも大事なのは日々のお手入れ。それはカーテンも同じこと。年に一度の洗濯やクリーニングよりも日々のお手入れがとても有効です。掃除機をかける際にカーテンの表面の埃を吸って上げるだけでもかなり違います。床、壁、カーテンなどインテリアに使用する材料は様々でそれぞれにメリットデメリットがあります。それらをしっかり把握した上で、「与えられるインテリア」から「選ぶインテリア」にしたいものですね!


カーテン・壁紙・絨毯で素敵にリフォーム!

長野県は塩尻市T邸のご紹介です。

なんとT様塩尻からご来店下さいました!遠方よりわざわざご来店頂けるなんてとても嬉しくありがたいことです。この度のご来店の目的はお父様がお建てになられたお家の内装を替えたいということでした。そして現場採寸のため後日ご自宅にお伺いしたのですが、広い敷地に建つ大きなお宅で、内装材もそれはそれは素晴らしいものでした。材料一つ一つにもお父様のこだわりとセンスが表れ、今では珍しい高価な材料で建てられた素晴らしいお宅の内装をリフォームするのです。材料選びも慎重に行いました。何よりもお父様のこだわりの箇所は大切に残し、それを活かすようにしなければなりません。

こちらは主寝室。床、壁、天井、カーテンと内装をガラッと変えてエレガントモダンに。腰高窓のステンドグラスのデザインを殺さないようにカーテンはシンプルな無地で、カラーで遊びを入れました。素材にはこだわり、Pierre Frey社(フランス)のシルク生地です。写真では分かりにくいのですが、上品でとても美しい光沢感のある高級なシルクです。壁はロータス=蓮の柄です。蓮はとても尊く高貴な植物。さらに紫色なので尚更!アールヌーボー調にデザインされ、エレガントかつモダンな雰囲気です。

主寝室が大きくイメージチェンジの画像

無地、柄(アクセント)、色の使い分けが重要です。カーペットはドイツのVORWERK社。

施工前とは雰囲気をガラっと替えて!

リフォーム前の主寝室の画像

リフォーム前はベージュ基調のシンプルインテリア

すっかり日が暮れてしまってからの撮影となってしまったので写真では壁紙の微妙な光沢感やVORWERK社(ドイツ)の絨毯の高級感などがお伝えできないのが残念xx

主寝室アフターの画像

素敵なドアが引き立ちました。カーテンはフランスのPierre Freyのシルク。

折り上げ天井のモールディング(廻縁)も白に塗装しました。

主寝室のビフォーの画像

リフォーム前の主寝室、奥が書斎です

ステンドグラスがアクセント!

ステンドガラスを活かしたコーディネートの画像

ステンドグラスを中心にカラーコーディネート

デザイン違いのクッションもお作りしました。この後新しいベッドが入ったそうで、きっとお部屋の雰囲気もまた更にグレードアップしたことでしょう! 是非またご訪問させていただきたいものです。もちろん雪が解けたら(^^)

クッションも全てオーダーメイドの画像

クッションも全てお作りしています。何気に綺麗なレースはZ+Rです!

そしてこちらは書斎。寝室に隣接するお部屋ですが、こちらの雰囲気はまた寝室とは異なるようにコーディネート!使用した壁紙はZOFFANY社(イギリス)。柄のデザインはローマの建造物をモチーフにしています。他壁3面はエンブレム柄。古代ローマを背景に歴史を感じさせるような素敵な空間に仕上がりました。

書斎のトータルコーディネートの画像

床・壁・窓周り全てを調和させます

窓に掛けられたカーテンは机に向かって作業をする際に邪魔になるので、新たにローマンシェードをお作りしました。こちらで使用した生地はスペインの高級ブランド、LIZZO社です。裾にはLELIEVRE社(フランス)のストライプ生地でボーダーを付けました。このようなアクセントがないとシェードはフラットで単なる幕のようになってしまいます。

書斎のビフォーの画像

デスク周りのカーテンは少しもたつきます

 

書斎のシェード アクセント付の画像

生地はスペインのLIZZO(リッツォ)とフランスのLELIEVRE(ルリエーブル)のコラボ!

 

書斎の壁紙の画像

両方ともイギリスZoffany社の壁紙です

ゆったりと落ち着いてお仕事に専念していただきたいという思いから、デスク周りにはあえて強い柄などは使用せず、全体の色調はモノトーンにまとめました。

床=ドイツ、カーテン=スペイン&フランス、壁=イギリス、壁の柄は=イタリア ローマとお部屋に居ながらヨーロッパ各国を巡ります。お仕事でお疲れの際はちょっぴり気分転換をしていただけると嬉しいです!(^^)!

 

世界には素敵なインテリア商材が溢れています。何よりもお家の中=インテリアを充実させることが最大の幸せと考えるからです。住空間が充実していると自然と心も癒されます。私たちは忙しい日々の生活に追われているからこそ、ホッと寛げる至福の空間が家でありたいものです。デコラドールでは世界各国からのカーテン生地、壁紙などを取り揃えております。お客様のお好み、ご希望、ご予算に合った素敵なインテリア作りのご提案をいたします。ご相談は無料!是非お気軽にお問い合わせください。