ウィリアム・モリスのタイルのご紹介

昨日は定休日でちょうど打ち合わせ現場の近くでもあったため、ウィリアム・モリスのタイルを輸入販売されている松原工業様へお邪魔致しました。松原工業様は住宅用建材の加工販売、ガーデニングの施工設計をされており、その他直輸入のアンティーク雑貨の販売等も行っております。この度ウィリアム・モリスのタイルを輸入販売されるということで実際に商品を拝見しに行って参りました。代表の松原様と須藤様にはとても熱い、詳しいご説明を頂き感謝致します。

松原工業様 ガーデンショップYOUの画像

まさにイギリスの雰囲気ですね!

家というものはトータルコーディネートが重要ですので私たちの専門であるカーテンや壁紙だけでなく様々な建材やインテリアに合うものは常に意識しており時にはお客様に建材までのご提案をすることもあります。

ウィリアム・モリスのタイルの画像

ウィリアム・モリスミュージアムでも販売されています

こちらがほんの一部ですがウィリアム・モリスのタイルです。普段見ているファブリックや壁紙とデザインが違うものもありますが、イギリスのウィリアム・モリスミュージアムでも販売されている正式な商品です。日本向けにはまだミュージアムでも販売されていない大人気柄の「いちご泥棒」のタイルを製作中とのことです。楽しみですね!とても深い色合いとしっかりした焼き付けで存在感のあるタイルに仕上がっています。同素材で無地のタイルもあるそうなので統一感のある施工ができそうですね。

ウェッジウッドのアンティークタイル

1月から12月まで揃っています

こちらはウェッジウッドのアンティークタイルだそうです。他にもダリのタイルもありました。このようなタイルをうまくインテリアに用いるととても素敵な空間になりそうです。

モリスのタイルとコッツウォルズストーンの画像

タイルは絵画的な使い方も

タイルをパネル状にして壁掛けできる製品もありました。デイジーのデザインが可愛らしいですね。そしてその壁面にもご注目下さい。これは松原工業様がイギリスより輸入されているコッツウォルズストーンです。

コッツウォルズストーン各種 ハニーストーンの画像

この石を国内で加工されています

このようにイギリスから輸入したものを国内で加工し外壁や内装材として利用されます。蜂蜜色のハニーストーンはコッツウォルズ地方で取れる天然石で日本でも大変人気があります。その他にもとても風合いの良いベルギー製の煉瓦など日本の建材にはない雰囲気を演出できる材料が揃っています。

乾式工法の画像

乾式工法での組み上げです

乾式工法と言われる方法で組み上げていきます。石と石の間にはこだわりの目地材で仕上げていきます。目地材はとても重要で仕上がりに影響しますので大切なポイントです。

このような外壁、内装、タイルなどの材料を用いた家にはやはりカーテンや壁紙などもきちんと合わせることで相乗効果が得られます。より本物に近づけるためにはやはり家の外も中もトータルでコーディネートしなければなりませんよね!ウィリアム・モリスのデザインをはじめ、イギリスのメーカーの生地は日本の家屋にも非常に合わせやすいです。新築やリフォームの際は様々な分野の専門家やお店を組み合わせてひとつの理想の家を仕上げていくという方法にも注目して頂ければと思います。

2014年モロッコ大使館主催のナショナルデーレセプションの画像

今年の氷は見事でした!

そしてこの日の最後はホテルオークラにて、毎年招待して頂いているモロッコ大使館主催のナショナルデーレセプションに参加してまいりました。お忙しい大使夫人になんとかご挨拶し、美味しいモロッコ料理を頂き、普段ならお会いする機会すらない方々と歓談をして楽しい一夜が終わりました。ドリンクコーナーには偶然か必然か、キリンの”モロッコのお母さんの知恵から”スパークリングウォーター がずらりと並んでおりしっかりモロッコをアピールされていました。世界のキッチンモロッコ編も是非ご覧ください!

 


モロッコ王国大使館主催ナショナルデーレセプション

モロッコ王国大使館よりご招待を受け、本日モロッコ王国のナショナルデーに参加してきました!
ホテルオークラで開催されたレセプションには何百人でしょうか・・・本当に数多くの来賓客が参加されていました。その中には下村文部大臣、ルース駐日米国大使をはじめ各国の大使の方々、様々な分野の著名人がおみえでした。私たちはこれまでに数カ国の大使館よりご招待をいただきナショナルーをお祝いするレセプションに参加してきましたが、モロッコ王国のレセプションは堅苦しい場ではなく、和やかでとても楽しい雰囲気の場でした(^^) それは何より大使ご夫妻のお人柄ですね。そしてそして、お食事&デザートが美味しかったです! このような機会がないとなかなかモロッコ料理を口にすることがないので沢山ご馳走になりました(^^)v

会場内ではお忙しい中モロッコ王国のアルール大使ご夫妻とも記念撮影をすることができました。唱子大使夫人とは公私共々大変お世話になっております。いつお会いしても凛として美しい方で、私の憧れです!

モロッコ王国ナショナルデー

Dr.サミール・アルール駐日モロッコ王国大使と一緒に

モロッコ王国大使夫人と

アルール・唱子大使夫人と記念撮影♪

お食事の時間が始まると大変賑やかでした!このような会場で素晴らしい方々と一緒にお食事できて幸せです。

レセプション会場

ずらりとならんだモロッコ料理の数々!

そしてサウジアラビア大使にも久方ぶりにお会いすることができました!駐在されてからきっとさらに日本語力にも磨きがかかったのでしょう。最近のお互いの話題で楽しくお話しさせていただきました。

サウジアラビア大使

アブドゥルアジーズ・トルキスターニ駐日サウジアラビア王国特命全権大使

会場でも大人気のゾマホン ベナン共和国大使です。 とても楽しい方です!あの軽快な口調でお話ししてくださいました。

ゾマホンさん

ゾマホンD.C.ルフィン ベナン共和国特命全権大使と一緒に(^^)

大使夫人と親交の深いコシノ ジュンコさんも会場にいらっしゃっていました。その場にいらっしゃるだけで周囲を圧倒するオーラが!! お会いするまでは近寄りがたい方のようですが、気さくで笑顔がとても優しい雰囲気の素敵な女性でした。

JUNKO KOSHINO

どこからともなくオーラを発する女性が!!コシノ ジュンコさんにお会いしました!

モロッコ料理

ディスプレイも美しいモロッコ料理でした!


クウェート大使館主催 レセプションに参加!

クウェート国の建国を記念するナショナルデーのレセプションが帝国ホテルにて今週月曜日に開催され、今年もご招待して頂きました。以前もサウジアラビア大使館のレセプションにもご招待いただきましたが、毎回楽しませて頂いております。お国の食事も振る舞われ、踊りなどショータイムもありとても盛大に開催されます。今年は仕事の都合で到着が遅なりましたが昨年同様大変華やかで沢山の来賓で賑わっておりました。

クウェート国ナショナルデーレセプション

入口で記念撮影

会場内は沢山の人で賑わっているので、中で迷子になりそうなくらいです!

クウェート国ナショナルデーレセプション 会場の様子

様々な業界の方、政治家の方々も出席されていました

お料理も種類が多く、また大変美味しく、久々にアラブ料理を楽しむことができました。

クウェート国ナショナルデーレセプション アラブ料理

とても美味しいお料理です

モロッコ大使館よりバザーのお知らせをいただきましたのでご紹介いたします。アラブ大使夫人の会主催「第15回アラブ・チャリティー・バザー」が今年も開催されます。このイベントでは気軽にアラブ料理を楽しんだり文化に触れることができます。入場券は¥1000円となっており、チケットはアラブ各国大使館へお問い合わせ下さい。もしくは当店でもチケットの手配は可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。普段なかなか触れることの少ないアラブの文化をどうぞこの機会に楽しんでみてください!(^^)!

【日程】 2013年4月14日(日)
【時間】 11:00-17:00(雨天決行)
【場所】 アークヒルズ、カラヤン広場(東京・赤坂)

第15回アラブ・チャリティーバザー

第15回アラブ・チャリティーバザーのご案内


クウェート国ナショナルデーのレセプションに参加しました!

昨夜は在日クウェート国大使館よりナショナルデーレセプションの招待を受け、会場である帝国ホテルへ行きました。少し遅れて到着しましたが、被災地から招待された方々による歌、踊り、和太鼓のグループのパフォーマンスもあり大変盛り上がっていました。特に気仙沼から来た子供たちの和太鼓演奏はまさにド迫力でした!平野復興担当大臣も来られてましたね(枝野大臣のスピーチには間に合わず聞き逃してしまいました)。アブドル・ラーマン・アル・オテイビ 大使のお気遣いが良く感じられたイベントでした。このような場にご招待頂けたのも全てはお客様のおかげで大変感謝しております。やはり食事が最高ですね!以前サウジアラビア王国のナショナルデーにご招待頂いた時もそうでしたが、本場のアラブ料理が頂ける数少ないチャンスなのです。アラブ料理って美味しいんですよ~。

まだ食べたことがないという方!4月8日には毎年恒例のアラブ・チャリティー・バザー(第14回)が東京は赤坂のアークヒルズ・カラヤン広場で開催されます。食べ物も沢山販売されるのでご興味のある方は是非ご来場ください。入場券はお一人様¥1,000となりますがデコラドールでは先着10名の方に入場券を差しあげます!(なくなり次第終了)。入場券を購入されたい場合も出展国各大使館もしくはデコラドールまでお問い合わせください。

クウェート国 ナショナルデー レセプション

クウェート国 ナショナルデー レセプション

第14回アラブ・チャリティー・バザー

第14回アラブ・チャリティー・バザー


都築まゆ美様 アートの畑@ISETAN~手のひらサイズからのMyアート~

当店のお客様でもあり、昨年同じ主催の別々のコンテストにて偶然当店と一緒にダブル入賞を果たし、英国大使館にて揃って授賞されましたアーティストの都築まゆ美様が伊勢丹新宿店にてグループ展に参加され作品の展示及び販売をされますのでご案内致します。素敵なファブリックを用いてアート作品を創造する都築様の世界を是非ご覧ください。都築様の作品やプロフィールはこちらでご覧いただけます。

会期:8月3日(水)~8日(月)<最終日16:30終了>

会場:伊勢丹新宿本館5階=アートギャラリー

アート畑@ISETAN ~手のひらサイズからのMyアート~

ファブリックはカーテンやクッションだけではなく、アート作品にでも変身するのです!当店では1m以上であれば10cm単位で生地のみの販売も承っております。


デヴィッド・ウォーカーさん御来店

英国大使館でのレセプションの翌日、英国サンダーソン社のセールスディレクター、デヴィッド・ウォーカー氏が当店を見に来られました!

Sandersonウォーカー氏と店舗にて

Sandersonウォーカー氏御来店

なんだかんだで二時間以上もお話ししちゃいました。カーテン業界の動向や海外の市場、業界の面白い人やサッカーの話まで。でも最後はちゃんと忘れずに新作を紹介していただきました。デヴィッドさん、奥田さん、悪天候の中わざわざご来店頂きありがとうございました!デヴィッドさんもまるでロンドンにいるような天気だとおっしゃっていました(しかし皮肉にも当日のロンドンは快晴とのことでした)。

サンダーソンのウォーカー氏、デコラドールにて。

楽しい時間を過ごさせて頂きました


英国大使館大使公邸にてレセプション&表彰式

今年の夏にサンダーソン150周年記念企画のひとつ、ショップディスプレイコンテストに入賞させて頂いたことは以前よりお知らせしていましたが、その表彰式及び150周年を祝うレセプションが今週英国大使館内の大使公邸にて行われました。建物、調度品、展示生地、手作り作品、来賓客など全てが素晴らしいレセプションでした。

ディビッド・ウォレン駐日英国大使に続いて英国サンダーソン社セールスダイレクターのデヴィッド・ウォーカー氏の御挨拶がありました。人がいっぱいで中に入れませーん。

サンダーソン英国大使館祝賀会1

デヴィッド・ウォーカー氏のご挨拶

表彰式の様子です。ショップディスプレイコンテストの入賞者と一般ユーザー様が応募したハンドメイドグランプリの表彰がありました。ハンドメイドグランプリの作品はどれも大変素晴らしいものばかりでした。Very Sanderson展でも展示がされています。

サンダーソン英国大使館祝賀会2

表彰式の様子

ハンドメイドグランプリのプレゼンターはガーデンデザイナーの吉谷桂子さん。グランプリ大賞の方はVirgin Atlanticで行くイギリス・ロンドンの旅が賞品として贈られていました!羨ましい~!

英国大使館祝賀会3

吉谷桂子さん                ディスプレイコンテストの表彰待ち

下の写真は左から、当店にて生地をご購入頂きハンドメイドグランプリで入賞された都築まゆ美様、ショップディスプレイコンテストにおいて優秀賞を受賞されました横浜のyakanhikoのお二人、そして我々の間にいらっしゃるのがサンダーソン社セールスダイレクターのデヴィッド・ウォーカー氏です。都築様のサイトはこちらです。yakanhikoさんは同業者で競合店でもありますが当店とは良いお付き合いをさせて頂いております。ディスプレイもさすが素敵で参考になります!ウェブサイトはこちらです。

サンダーソン英国大使館祝賀会4

ウォーカー氏と受賞者の皆さま

なんとも優雅な空間です。表彰式後に用意されたアフタヌーン・ティーの一コマ。

サンダーソン英国大使館祝賀会5

優雅なアフタヌーンティー

カーテンも上品です。室内全体を淡いペパーミントグリーンでまとめられていて、時の経つのを忘れてしまいそうなとても居心地のいい空間でした。

サンダーソン英国大使館祝賀会6

カーテンや壁の色、スタイル、素晴らしいですね

スタイリングプロの名誉顧問でもあり、インテリア業界の第一人者の塩谷博子先生(中央)とスーパーなデザイナーdecoratorsのhidekiさん(右)です。同じスタイリングプロのメンバーです。名前は当店と似ていますが違います(意味は同じです)。ウェブサイトはこちらです。hidekiさんはいつもこうしてメーカーのトレンド生地をジャケットに仕立てて着ています。オシャレです!!

サンダーソン英国大使館祝賀会7

塩谷博子先生とdecoratorsのhidekiさんと一緒に

ちなみに上の写真でhidekiさんが着ているジャケットはSandersonのSquirrel & Doveという今世界的にも大人気の生地で作られています。実はこの生地、オリジナルデザインは1890年頃に出来ており配色などを現代風にアレンジして蘇っているのです。歴史のある会社だからこそできる技です。にもかかわらず古臭さは全くなく逆に斬新で現代アートとも言えますね!残念ながらこの生地は人気のため入荷待ちとなっております。当店のお客様A様にも入荷予定が未定ということをご了承頂いた上でご自宅用のカーテンのご注文を頂いています。もうしばらくお待ちください!!

さて次の写真は公邸のお庭です。サンダーソンの生地も展示され屋外美術館のようですね!写真中央をご覧ください。青い和服の方にご注目!こちらもSquirrel & Doveで作られておりハンドメイドグランプリの受賞作品です。 我々のディスプレイのコンセプト”和と洋の融合”と同じですね!合うんです、和と。

サンダーソン英国大使館祝賀会8

お庭のディスプレイ

サンダーソン英国大使館祝賀会9

素晴らしいパーティーであっという間に時間が過ぎましたが様々な方々にお会いでき有意義な時間を過ごさせて頂きました。そもそもこんな小さなお店がコンテストに入賞させて頂いたのは非常に光栄なことですしとても励みになります。これを機にもっともっと日本にインテリアの良さを広めていかなければならないと再度決心致しました。

そして、これは業界の内部的なお話になりますが今回ように一般の消費者様も含めた一連のイベント、一般消費者様へ向けたプロモーションは大変重要なことだったと思っています。あたりまえのことのようなのですが、意外と消費者様へのアピールがされていないこの業界はそのことをもう少し認識してほしいと思います。消費者の皆様に商品の良さ・違い・由来などをわかってもらわなければ広がることはあり得ません。これらの新しい動きはインテリア業界全体にとって確実にプラスだと思いますしそれを実行して頂いたマナトレーディング株式会社には一販売店として大変感謝しております。サンダーソン以外にも素晴らしい生地・ブランドは山ほどあるので是非他社も追随して消費者の皆様に紹介してほしいと思います。