シェル・シェード、コードレストップオープン

何度かご紹介しているルーセントホームのハニカム構造のシェル・シェードですが、世田谷区Y邸の例をご紹介致します。他にもハニカムスクリーンやハニカムシェード等と呼ばれる商品は増えてきましたね。

カーテンは付いていたのですが一階で道路に面している窓のため、外からの人や車の視線を防ぐためにやむを得ずすだれで対応されていました。日中は下げたままの状態がほとんどのため部屋の中に明るさを取り入れることができませんでした。このような時に非常に便利なシェル・シェードのトップオープンスタイル!操作コードの無いコードレスタイプをご提案しました。

シェル・シェードに交換前の画像

部屋が暗くなるのがお悩みでした

このように道路からの視線を防ぐために上部だけ開けることができるのがこのトップオープンの特徴です!見事視線は遮って外の景色を充分に楽しむことができるようになりました!

シェル・シェード、コードレストップオープンの画像

素敵な新緑の景色!

下部も上げて真中だけ隠すこともでき、風を通すことも可能です。

シェル・シェード、コードレストップオープン、上部と下部を開けた画像

上も下も開きます

もちろん上から下への通常の操作方法も可能。

シェル・シェード、コードレストップオープンの下部を開けた画像

下から上へ開ける一般的なスタイル

全閉しても室内をほんのり明るく照らします。そう、障子の柔らかな明るさと同じです。しかもハニカム構造なので断熱効果もアップ!これからの季節、冷房効率も上げてくれる優れものです。 この他に遮光生地タイプもあり、寝室など光を通したくない空間にもお使いいただけます。

シェル・シェード、コードレストップオープンを全部閉じた画像

全部閉じた状態でも採光タイプで明るさキープ。

全開にすると溜まり代もほとんど目立たないので窓がすっきり使えます。

シェル・シェード、コードレストップオープン全開の画像

もちろん全開も可能です

外からはこのように見えます。これなら外から見られる心配もなくなりますね。

シェル・シェード、コードレストップオープンの屋外からの画像

外からも見られず安心ですね!

一階の窓でなくてもお隣の窓が正面にあって目線の位置だけを隠したい時などもこのトップオープンタイプは便利です。不織布でできていますので光の透過具合も柔らかく沢山の色からお選びいただけます。素敵な柄のタイプもあり、洋室、和室などシーンに合わせられます。是非一度デコラドールにご来店いただき、店頭のサンプルをご覧ください。この夏、特にオススメしたい商品の一つです!!

 


シェル・シェード(ルーセントホーム)がお求めやすくなりました!

何度かご紹介していますハニカム構造のスクリーンを用いたルーセントホームのシェル・シェードですが、今春より価格改定され今までよりもお求めやすくなりました!増税や原料高など様々な理由で各社値上げが続いている昨今ですが、企業努力により値下げがされるというのは消費者の皆様にとっては喜ばしいことですね!

このシェル・シェードはスクリーンがハニカム構造となっており、空気層を作ることにより断熱性を上げる役割を果たしています。夏はより涼しく、冬はより暖かくするために貢献いたします。グッドデザイン賞を受賞しているようにデザインもスッキリとシンプルなものとなっておりミニマルなインテリアがお好きな方には特にマッチするのではないでしょうか。

ハニカム構造の画像

断熱性に効果のあるハニカム構造

シェル・シェードにもいくつかタイプがあるのですが、トップオープンタイプと言って上部は開放して下部は目隠しができるというものが意外と便利なのです。もちろん上部を下げ、下部を上げて真中だけ目隠しをすることも可能です。ご近所のお家が近いことが多い日本ですが、このような商品を用いることで”隣からは見られないけど風は通るし空も見える”なんていうことも可能なのです。手が届かなければならないという条件が付きますが、ヒモ類がないコードレスタイプならより一層シンプルさを強調できます。

シェルシェードの画像

トップオープンタイプ

上部が空くという意味ではハニカムではないですがニチベイのプリーツスクリーンでアップダウンスタイルというのもあります。和室に良く合う和紙風の素材もあります。一般家庭でも、商業施設でも、オフィス等でも使い方次第で便利なアイテムです。

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイルの画像

プリーツスクリーンのアップダウンスタイル(ニチベイ)

本日、立川ブラインドの新商品発表会に行ってきました。そこで見たのはパーフェクトシルキーの新商品で上部採光・下部遮蔽ができる「スリーウェイスタイル」というものです。もちろん通常のブラインドの機能はそのままで、任意に指定した位置より上部のみ羽を水平のまま開放し下部を遮蔽できる機能が付きます。より高い遮蔽性とスラットの穴をなくしそこからの光漏れのないパーフェクトシルキーシリーズのみの展開となり、発売は6月とのことです。

パーフェクトシルキー スリーウェイスタイル

タチカワブラインド新商品(6月発売)

このように上部を開けたり採光したいというニーズが高まっているのでしょうね。これから来る暑い日々に備えて省エネアイテムとして選択肢の一つとなるのではないでしょうか?


シェル・シェードに新ファブリックの「綾」登場!

以前にもご紹介しました断熱効果のあるハニカム構造のシェル・シェードに新しいファブリック「綾」が追加されました。

Lucent Home shades AYA

シェル・シェード 綾

綾は、織物のような素材感を持った表情あるものです。縦と横に軽やかに走るラインが、品位ある雰囲気を漂わせ、場の空気をいっそうナチュラルなものにしてくれるファブリックです。

和室にも良く合う素材で優しい光を演出してくれます。

商品詳細はこちらです。http://www.lucenthome.jp/

使い方や商品イメージが良くわかる動画も是非ご覧ください。(音が出ます)

ARVE Error: id and provider shortcodes attributes are mandatory for old shortcodes. It is recommended to switch to new shortcodes that need only url


節電や遮熱にはガラスフィルムも効果的!(当社比)

先日は遮熱アイテムとしてシェルシェードをご紹介しましたが、今回はガラスに貼る熱線遮蔽用のフィルムをご紹介です!
実際に当店で試みた実験データも合わせて公開します。

当店は入口や窓が西向きのため午後には強い日差しが入ってきます。カーテンのサンプル等もその強い日差しから守る必要があるので、当店ではオープン直後からサンゲツ社のGF-204というガラスフィルムを貼っています。この商品は熱線遮蔽効果の他にもUVカットや防虫忌避の効果もあり、更にほぼ無色透明なので部屋の中が暗くなるということはありません。もちろん色の濃いフィルムのほうが効果は高いでしょうが景観を損ねてしまいます。

フィルムは試しに自分たちで貼ってみました。当初一体どれほどの効果があるのだろう?と半信半疑な部分もありましたが、結構その効果があることが実験結果でわかりました!! 今年はみなさん節電強化ということもあって実際に温度を測ってみました(もっと早くに測れって?)。昨日15時くらいの計測です。結果は写真のとおりなんと約5℃の差もありました! 二週間くらい前に確認した時は、フィルム無しが50℃、有りが45℃でした。そんなにも高温になるのですよ窓は。でも曇りの日はその差が2℃くらいに落ちますしガラスから離れれば離れるほど差がなくなっていきます。そうは言っても窓際での5℃はかなり大きいのではないでしょうか?

サンゲツ 熱線遮蔽フィルム

サンゲツ 遮熱フィルム GF-204

もちろん当店ではプロの職人によるガラスフィルムの施工も承っております。ガラスフィルムの最大のメリットはインテリアを全く邪魔しないところにあります。熱だけでなく紫外線も遮ってくれるので窓にかかっているカーテンにもやさしいですよ。但し、ガラスや状況により貼れない場合もあるのでまずはご相談下さい。また今年は需要が大変高まっており材料の生産が追い付いていないようです。商品入荷までお待ち頂く場合もありますのでご了承ください。

尚、GF-204は廃番品となっており、現在は同等品のGF-301に置き換わっております。より遮熱効果の高いGF-302という商品もございます。


遮熱用のアイテム

今回ご紹介するのはシェル・シェードという商品です。この商品のメリットとしては遮熱効果だけではなく冬場の保温効果もあることです。それと同時に採光もできるというのが特徴です(より遮熱・保温効果の高い遮光タイプもございます)。遮熱のブラインドも遮熱効果はありますがスラットを全て閉じなければ効果が半減し、全て閉じるとお部屋が暗くなります。写真のとおりシェル・シェードはハニカム構造といってシェードの間に六角形の空気の層がいくつもあります。この空気の層がクッションとなり、遮熱と保温の効果を発揮します。デメリットしては外の景色が見えなくなってしまうと言うことですが不織布を通して入ってくる光はとても柔らかく心地のいい空間を演出してくれます。

店頭にサンプルがございますので是非手にとって見て頂ければと思います。

商品の詳細はこちら http://www.lucenthome.jp/

ハニカム構造のシェル・シェード

ハニカム構造のシェル・シェード

シェル・シェード

ダブルシェードやコードレスタイプも選べます

もうすぐ暑い夏がやってきます。今年は省エネが求められているためここへきて外から来る窓周りの熱を少しでも和らげたいとの要望が増えてきてます。 どれが一番効果的なの?と聞かれる場合もあるのが、同じ商品であっても効果はお客様の環境によって変わるので一概には言えません。様々なメーカーから様々な商品が発売されており皆さん確かな実験データをお持ちですがどの商品もメリットデメリット両方あるので何を優先するかによって選択肢が変わってきます。見た目も全く変えずに遮熱する方法の一つとして遮熱効果のあるガラスフィルムもお勧めです。紫外線カット効果もありますので選ぶカーテンやレースの制限が少なくなります。もちろん施工も当店で承ります。施工できるガラスとそうでないガラスとがありますので、是非お気軽にご相談ください。