シェル・シェード、コードレストップオープン

何度かご紹介しているルーセントホームのハニカム構造のシェル・シェードですが、世田谷区Y邸の例をご紹介致します。他にもハニカムスクリーンやハニカムシェード等と呼ばれる商品は増えてきましたね。

カーテンは付いていたのですが一階で道路に面している窓のため、外からの人や車の視線を防ぐためにやむを得ずすだれで対応されていました。日中は下げたままの状態がほとんどのため部屋の中に明るさを取り入れることができませんでした。このような時に非常に便利なシェル・シェードのトップオープンスタイル!操作コードの無いコードレスタイプをご提案しました。

シェル・シェードに交換前の画像

部屋が暗くなるのがお悩みでした

このように道路からの視線を防ぐために上部だけ開けることができるのがこのトップオープンの特徴です!見事視線は遮って外の景色を充分に楽しむことができるようになりました!

シェル・シェード、コードレストップオープンの画像

素敵な新緑の景色!

下部も上げて真中だけ隠すこともでき、風を通すことも可能です。

シェル・シェード、コードレストップオープン、上部と下部を開けた画像

上も下も開きます

もちろん上から下への通常の操作方法も可能。

シェル・シェード、コードレストップオープンの下部を開けた画像

下から上へ開ける一般的なスタイル

全閉しても室内をほんのり明るく照らします。そう、障子の柔らかな明るさと同じです。しかもハニカム構造なので断熱効果もアップ!これからの季節、冷房効率も上げてくれる優れものです。 この他に遮光生地タイプもあり、寝室など光を通したくない空間にもお使いいただけます。

シェル・シェード、コードレストップオープンを全部閉じた画像

全部閉じた状態でも採光タイプで明るさキープ。

全開にすると溜まり代もほとんど目立たないので窓がすっきり使えます。

シェル・シェード、コードレストップオープン全開の画像

もちろん全開も可能です

外からはこのように見えます。これなら外から見られる心配もなくなりますね。

シェル・シェード、コードレストップオープンの屋外からの画像

外からも見られず安心ですね!

一階の窓でなくてもお隣の窓が正面にあって目線の位置だけを隠したい時などもこのトップオープンタイプは便利です。不織布でできていますので光の透過具合も柔らかく沢山の色からお選びいただけます。素敵な柄のタイプもあり、洋室、和室などシーンに合わせられます。是非一度デコラドールにご来店いただき、店頭のサンプルをご覧ください。この夏、特にオススメしたい商品の一つです!!

 


シェル・シェード(ルーセントホーム)がお求めやすくなりました!

何度かご紹介していますハニカム構造のスクリーンを用いたルーセントホームのシェル・シェードですが、今春より価格改定され今までよりもお求めやすくなりました!増税や原料高など様々な理由で各社値上げが続いている昨今ですが、企業努力により値下げがされるというのは消費者の皆様にとっては喜ばしいことですね!

このシェル・シェードはスクリーンがハニカム構造となっており、空気層を作ることにより断熱性を上げる役割を果たしています。夏はより涼しく、冬はより暖かくするために貢献いたします。グッドデザイン賞を受賞しているようにデザインもスッキリとシンプルなものとなっておりミニマルなインテリアがお好きな方には特にマッチするのではないでしょうか。

ハニカム構造の画像

断熱性に効果のあるハニカム構造

シェル・シェードにもいくつかタイプがあるのですが、トップオープンタイプと言って上部は開放して下部は目隠しができるというものが意外と便利なのです。もちろん上部を下げ、下部を上げて真中だけ目隠しをすることも可能です。ご近所のお家が近いことが多い日本ですが、このような商品を用いることで”隣からは見られないけど風は通るし空も見える”なんていうことも可能なのです。手が届かなければならないという条件が付きますが、ヒモ類がないコードレスタイプならより一層シンプルさを強調できます。

シェルシェードの画像

トップオープンタイプ

上部が空くという意味ではハニカムではないですがニチベイのプリーツスクリーンでアップダウンスタイルというのもあります。和室に良く合う和紙風の素材もあります。一般家庭でも、商業施設でも、オフィス等でも使い方次第で便利なアイテムです。

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイルの画像

プリーツスクリーンのアップダウンスタイル(ニチベイ)

本日、立川ブラインドの新商品発表会に行ってきました。そこで見たのはパーフェクトシルキーの新商品で上部採光・下部遮蔽ができる「スリーウェイスタイル」というものです。もちろん通常のブラインドの機能はそのままで、任意に指定した位置より上部のみ羽を水平のまま開放し下部を遮蔽できる機能が付きます。より高い遮蔽性とスラットの穴をなくしそこからの光漏れのないパーフェクトシルキーシリーズのみの展開となり、発売は6月とのことです。

パーフェクトシルキー スリーウェイスタイル

タチカワブラインド新商品(6月発売)

このように上部を開けたり採光したいというニーズが高まっているのでしょうね。これから来る暑い日々に備えて省エネアイテムとして選択肢の一つとなるのではないでしょうか?


八重の桜 ~総集編~

2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」がついに終わってしまいましたね。とても良いドラマだったと思います!毎年見ている大河ドラマですが、今年は番組制作にも携わらせて頂いたためにいつもとは違う目線で見ることとなりました。裏側を見ることで勉強になることも多く、又ドラマ制作の大変さを実感できとても良い経験になりました。今回ドラマでは、全35窓約60セットのカーテンやレースを納めさせて頂きました。

既に以前少しお見せしましたが、番組が終わった今、もう少しお見せしたいと思います。

先ずは以前もご紹介しました大阪城です。王政復古の大号令後徳川慶喜が大阪城へ退去した際に初めて登場しました。イギリスのとても風合の良い生地だけに他の多くの場面でも使われていました。

大阪城のセットの画像

大阪城

やはりカーテンだけに後半の明治になってからのほうが登場回数は多くなりますね。次は岩倉具視邸です。一際目立つ赤いカーテンとバランスがなんとなく権力の象徴のようなイメージ効果をもたらすのかもしれません。

岩倉邸のセットの画像

岩倉邸

このようなバランス(上飾り)の製作の裏側をほんの一部ご紹介しますが全て手書きのデザインから始まるのです。それを縫製側と打合せをしながら一つ一つ作っていきます。

カーテン上飾りの加工書の画像

手書きでデザインを起こします

縫製の技術やスキルが必要になってきますので縫製工場とはコミュニケーションと信頼関係がとても大事になってきます。

岩倉具視邸のセットの画像

こちらも岩倉邸です

次は大山巌邸です。後半の後半くらいに多く登場した部屋です。

大山邸の画像

大山邸

八重も参加した大山の妻である鹿鳴館の華、会津の捨松による赤十字の講習会が開かれていたのもここですね。山川健次郎もここで大山と激論を交わしていました。

大山巌邸の画像

別角度からの大山邸

ここではトリムをつけた箱ヒダのバランスを用いました。ミリ単位でヒダの大きさなどを指定して製作していきます。

箱ヒダバランスの画像

箱ヒダバランス

箱ヒダバランスの加工書

ミリ単位で細かいところまで指定する必要があります

このようなバランスは何もドラマだからというわけではなく、一般の家庭でも比較的容易に取り付け・使用することができるのです。デザイン次第でクラシカルだけでなくモダンなインテリアでも可能なんです。窓を豪華にするだけでなく大きくも見せるのです。

大山巌邸 レースの画像

レースもとても華やかです

カーテンの生地は時代背景などを考慮し、華美なものだけでなくあえて地味な生地まで様々なものをご提案し選んで頂きました。中には椅子の張地をカーテンに仕立てたものもあります。それら生地を揃え先方のイメージと合致するものをご提案するのがまさに私達の仕事なのです。双方でこれだ!となった時は非常に嬉しいですね。

カーテン生地一覧の画像

様々な生地から選びます

他にも新島襄・八重の邸宅のカーテンも製作し、写真ももっと沢山ご紹介したいのですが、色々と難しい問題もあるので控えたいと思います。ご興味と機会があればDVDなどで確認して頂きたいと思います。

ですがその前に!2014年1月2日(木) 午後4:00〜5:50 及び3日(金) 午後4:00〜6:00の二日間(前後半)に渡って「八重の桜 総集編」がNHK総合で放送されます

既にドラマを見た方、見始めたけど続かなかった方、全く見てなかった方も含めて是非ご覧ください!

そして明日はいよいよ大晦日、今年は八重を演じた綾瀬はるかさんが司会ですね。それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!!

デコラドールは新年1月5日(日)より通常営業致します。

 

 


シンプルな空間に映えるカラーコーディネート

相模原市Y邸のご紹介です。

シンプルでモダンなインテリアにカラーでコーディネート。無地の生地ならではのオシャレなカラー活用法です♪ Y様がお選びいただきました色はライムグリーンとダークパープルの2色。 カーテン本体はお部屋全体が明るく華やかになるようライムグリーンに、アクセントカラーでダークパープルを入れました。単に1色使いではシンプルすぎてどこにでもあるカーテンのようになってしまいます。そこで色X色を組み合わせるのです。他にはないお客様だけのオリジナルのカーテン! アクセントに加える量、位置はお客様のお好みを伺いながら決めていきます。今回は裾から少し上の位置にボーダーを入れ、共布タイバックもダークパープルでモダンで大人カッコイイ雰囲気にしました(^_-)-☆

無地のカーテンにボーダーでアクセント

ダイニングセットの雰囲気にも合っています

隣接していて普段開放している和室ならばLDと統一感を持たせてコーディネートすると全体が調和しやすくなります。和室は空間の違いを出すために色を反転させ、ダークパープルをベースにしました。クッション等の小物使いも重要ですね。

隣接する和室にも統一感を

隣接する和室にも統一感を

寝室には前回も登場したClarle & Clarke、Wild GardenのBotanicaの生地です。こちらの生地は全6色。こちらの生地、本当に人気があります!葉っぱの柄が刺繍やパッチワーク調になっていて立体的で素敵な生地なので、一目惚れしちゃいますヨ(^^)

シェードにはワイルドガーデン・ボタニカ

シェードはタペストリーのように楽しめます

 

 


NHK大河ドラマ「八重の桜」にカーテンを納めました!

今年のNHK大河ドラマ、綾瀬はるかさん主演の「八重の桜」のセットに使用するカーテンを納めました(^O^)/ 個人的にも歴史が好きで大河ドラマは毎年欠かさず見ているのでそのようなドラマの製作に関われたことは非常に光栄です!特別にセット見学&撮影を許可していただきました。

二条城の廊下

収録中だったので邪魔にならない範囲で撮影させて頂きました

舞台は大阪城のようです。江戸から明治へと時代が移り変わる頃。大阪城はどうかは不明ですが、実際の二条城にはカーテンがかかっていた痕跡があったそうです。この頃の時代を演出できるよう重厚かつ高級感たっぷりの生地をご提案し、使っていただきました。お城の厳粛な雰囲気に洋物のカーテンがこんなにもぴったり合うとは驚きです(^^)

スタジオ内 二条城の廊下

意外とマッチする和と洋の世界

和に洋が違和感なく溶け込んでいると思いませんか?これはこのようなセットだけではなく一般のご家庭でも同じようにコーディネートすることができます。日本家屋や和室に合う生地は沢山あるんです!

二条城の廊下角

華美過ぎず存在感のある生地です

ここまで本格的なセットを見させて頂いたのは初めてです。何気なく飾ってある花熨斗型と言われる長押金具は非常に細かい細工がしてあり葵の御紋まで入っています。京都の職人さんに原型を作ってもらっているそうです。

花熨斗型の長尾金具

花熨斗型の長尾金具にはなんと葵の御紋が!

他にもこのようなダイニングセットも!セットは隣り合っていたりしても全く関連性のない場合もあり、しかもあっという間に変幻自在に変えることもあるそうです。テレビの世界は凄いですね!物凄く多くの人が関わって初めて出来上がる作品はスケールが違いますがカーテン製作とも共通するものがありますね。

ダイニングセット

ここはどこでしょうね?

他にも間(部屋)がいくつも作られていて、まるで本物のお城の中を歩いているようでした(*^^*) 私達が納めたカーテンが登場するのはまだまだ先のようですが、今から楽しみです♪ 番組を観ている方はもちろん、観ていない方は今からでも遅くはないのでNHKさんの番組ホームページなどで丁寧に解説がしてありますのでストーリーを追えば十分に話にはついていけます。江戸から明治へと大きく時代が移り変わる様が良くわかります。そして当店がお手伝いさせていただいたカーテンはもとより、建物やインテリアもじっくり楽しんでご覧ください。細部に渡ってセッティングされているNHKの美術の方々は流石です!

この後も別場面でのカーテンの納品は続きます♪

 


新柄生地 ぞくぞく入荷中!!

やっと春(?)らしい気候になってきましたね(^^) 心弾む季節には、是非お部屋のカーテンも掛け替えてみてはいかがですか? 海外メーカーよりカーテン、椅子張用生地など新柄がぞくぞく入荷しています♪ ここではほんの一部をご紹介。是非ご来店いただき実際の生地をご覧くださいね。

color and stripes

カラフルでなんだか楽しくなる柄の生地です♪

天然素材を使用したナチュラルでカラフルな生地。LDはもちろん寝室や子供部屋にもお使いいただけます。

エキゾチックな柄

エキゾチックな柄と無地のカラーバリエーション

同じ空間に幾つか窓がある場合は、このように個性的な柄を一窓に使い、他の窓には無地生地で合せるのがオススメです!

ドレープ&レース

ドレープとレースの組合せ

同じ柄の生地でも色によってこんなにも違うものなのです。白がベースの生地は明るくエレガントな雰囲気に。紫がベースの生地は大人っぽく落ち着いた雰囲気の空間を演出してくれます。

花柄生地

花柄をモチーフにした上品な生地

柔らかい光沢があり上品な生地です。可憐な花柄はストライプや無地と合わせると一層オシャレになります。どんなテイストのお部屋にも合わせやすい生地です。 

和風な生地

モダンで和風な生地もあります!

素材に麻も使用されているので日本の和室にとても良く合います。写真右の無地の生地は和紙のような雰囲気があり光に透かすと障子を思わせる素敵な生地です。海外メーカーの生地ですが、和心がありますねっ(^_-)-☆

他にも店内にはいろいろな種類の生地が沢山あります!どうぞお好みの生地をお探しください。


和風なお部屋とカーテン

藤沢市にお住まいのU様邸。玄関をあけると木の香りがするとても素敵な洋風なお宅でした。
こちらは御両親のお部屋のカーテン。
Colefax&Fowler  [Iris]です。イギリスらしいプリント生地で、全体に菖蒲柄がとてもエレガントに描かれています。洋室だけでなく和風なお部屋にも良くあう柄です。

IRIS

IRIS 菖蒲柄の生地

 障子のある窓。 和モダンな空間に合わせるカーテンは柄と素材感が大切です。こちらの生地は綿X麻。天然素材ならではの素朴で優しい雰囲気がお部屋全体を包みます。

お母様の寒さ対策で裾を長めにしました。

アイリス ドレープ

和モダンな空間にエレガントなカーテン、素敵です!

障子とドレープカーテン

障子とカーテンの組合せです