ローマンシェード+両サイドボーダー

港区S邸の施工例です♪ ブルーがお好きなオシャレな奥様にお選びいただきました生地は、イギリスのROMO社 「Orvieto」です。シンプルなウッド柄ですが、存在感がありますね。ブルーの濃淡がとても素敵!シルク混紡なので自然な柔らかい光沢感があり、とても上品です。

本来シルクが混紡の生地をローマンシェードに仕立てることはあまり無いのですが、諸々ご理解いただいた上お作りしました。やっぱりこの柄はシェードやタペストリーとして使うと柄が映えます!

シェード+サイドボーダー

両サイドにブルーのボーダーがオシャレなアクセント!

シェードとレースカーテン

レースカーテンは通常のヒダ山スタイルにしました

シェードとレースカーテン

シェードを上げるとまるでフラットバランスみたいですね!

両サイドは薄いブルーに濃いブルーのパイピングを付けました。こちらの無地は綿100%で光沢感のあるこれまた美しい無地で、JAB社(ドイツ)のものです。

木の柄の生地

Orvieto Lazuli / ROMO

ボーダーとパイピング

帯の薄いブルーと本体のウッド柄との間にパイピングを施しました

 

ベッドルームはお家の中でもインテリアが簡素化されやすいお部屋ですが、ちょっとオシャレに装飾するだけで全然違います。寝室だからこそ好きなものに囲まれて一日の疲れを癒したいものですよね。

デコラドールではお客様のお好みに合わせて生地をご提案し、色・スタイルなど一つ一つゆっくりじっくり相談しながらお客様と一緒にお部屋作りを楽しみます。いつでもお気軽にご相談くださいませ(^^)

 

 


劇的(に変わる)カーテン BEFORE & AFTER

横浜市青葉区S邸のご紹介です。以前お近くにお住まいのご実家のカーテンも施工させていただいた経緯がございます(^^) 今回は息子さんご夫妻のLDと子供室の窓周りをガラッと変えます!

まずはLDから♪ バルコニーからの眺めは素晴らしくとても解放感ある空間です。でも遠くを走る車から見える可能性もあるとのことで、お部屋の中の明るさを保ちつつ目隠しをしたいとのご希望でした。そこで!最近特に人気の高い調光ロールスクリーンの登場です。非採光生地(ドレープ地)と採光生地(レース地)が組み合わされていてとても機能的かつデザイン性の高い商品です。ロールスクリーンとブラインドとカーテンを足して割ったようなかんじでしょうか。

ナチュラルで北欧テイストな家具にこの調光ロールスクリーンFUGAがとても良く合っています。調光するとレース生地を通してお部屋の中に柔らかい光が入り込みます。スラットの角度で目隠し効果も期待できて一石二鳥!!

shade twin

施工前 プレーンシェードのツインスタイルでした

 

blind rollscreen fuga

施工後 窓周りもスッキリです!

blind fuga

スラットを閉じたりして調光できるので便利です♪

blind rollscreen

日中はこのようにレース地でお部屋を明るくできます!

 

子供部屋はお嬢様お二人のお部屋。ブルーが好きなボーイッシュなお嬢様がもう少し女の子っぽくなれば・・とお母様の願いを込めて花柄をチョイス。もちろんお嬢様方も一緒に生地はお選びいただきました。これから大人になっても使えるように可愛らしくもあり大人っぽいデザインの花柄の生地です。双子のお嬢様ですが、好みは全く異なるというから面白いものですね(^^) それぞれ個性的なお部屋になりました♪

まずはお一人目のお嬢様のお部屋。

girl's room 1

施工前 フロントレースにしたシェードでした

 

girl's room roman shade

施工後 お部屋の雰囲気がガラッと変わりましたね!

 

そしてもうお一人のお嬢様のお部屋も大変身♪ 大きなデイジー柄の生地でイメチェン。

roman shade check

施工前 チェック柄でスッキリとした雰囲気でした

 

roman shade floral design

施工後 こちらもガラッと変えてデイジー柄の両サイドにブルー縁取り

shade and sheer

レースカーテンはドット柄です♪

お部屋の中のカーテンってとても重要です。カーテン一つで雰囲気をガラッと変えることができるのです。家具や照明を変えてもお部屋の雰囲気を変えることはできますが、カーテンほど大きく変わるものは無いと思います! 桜も散ってぼちぼち夏へと衣替えの季節になりました。お部屋の衣替えもそろそろ始めませんか??


イギリスのリネン生地で作るシェード

小平市のM邸のご紹介です。

窓の外には緑が多く自然に恵まれた環境にご新居をご購入されてたⅯ様。奥様はインテリアをとても大切に思われていて、一つ一つ丁寧にじっくりお選びにならていました。カーテンも感度の良い奥様がお選びになられたものです!全体の色のバランスが良く、天然素材を使用した生地でつくるカーテンはM邸にピッタリ合っていました。玄関のドアを開けた瞬間から優しい風が吹くような、そんな素敵なお宅です。

麻の生地のシェード

小窓には麻の生地でシェードです

麻の持つざっくりとした風合いが外の陽ざしを柔らかく拡散してくれます。日中はぼんやりと柄が浮かぶようなかんじですが、夜には大きな花柄がくっきりと表れてダイニングを素敵に飾ってくれるはずです(^_-)-☆

linen shade

イギリス王室御用達、Sanderson社(イギリス)の生地です

 

giselle

イギリスの伝統的な花柄 4色揃っています!

 

リビングと隣接したピアノルーム。ほぼ間続きですが、異なる二つの空間なので使用する生地はあえて変えています。でも色はちゃんと統一させます♪

piano room curtain

ピアノ室のカーテンは少しクラシカルなデザインの生地です

piano cover

ピアノカバーはリネン地に可愛い花柄の刺繍生地

そして、残念ながら逆光になってしまいましたが、三連の小窓には素敵なレースです(^^♪

sheer piano room

三連窓のレースを束ねると可愛らしい雰囲気に!

embroidery sheer

すとんとシンプルに落としても素敵!

そしてそして、2階の洋室はLDとはまた雰囲気を変えて、ちょっとフェミニンなレースを使用。まるでお庭に咲き誇るお花のように、レースカーテンの裾いっぱいに広がる小花たちは刺繍なのです。

flower design sheer

裾にとてもカワイイ花柄です!

bedroom curtain

主役のレースに合わせてドレープはパープル色無地です

毎日過ごす大切なお家のインテリア。家族が笑顔になれる、どこよりも居心地の良い空間であることがお家作りの原点だと思うのです。

デコラドールでは大切なお家のインテリア作りのお手伝いをいたします。どうぞお気軽にご相談ください!

 


イギリス発!綿プリント生地で素敵なカーテン

世田谷区O邸のご紹介です。洋室のカーテンを掛け替えて雰囲気を変えたいということでご依頼いただきました。ウォールナット色の床とキャビネットに合わせてご提案差し上げた生地がこちら、Blendwoth社(イギリス)のプリント生地。コットンにボタニカルフラワーがプリントされた素朴でありながら華やかさもある素敵な生地です。イギリスらしい色・柄ですね(^^♪

カーテンとシェードの組み合わせ

同じ生地でもスタイル変えるだけで変化が出ます

腰高窓のプレーンシェードの裾には、同じコレクションの中からストライプをチョイスしてボーダーで加えました。シェードは降ろした時にフラットで布一枚が壁にかかっているような雰囲気になってしまいがちなので、少し立体感を与えるためにこのように裾にボーダーを加えます。

イギリスBlendworth社の生地

落ち着きのあるイギリスらしいプリント生地です

柄で使われている色がそのままストライプになっているので、統一感も取れてオシャレですよネ。

アクセント付のプレーンシェード

裾ボーダーを加えると立体感も出て、シェードを上げても良し降ろしても良し!です(^^)

イギリスのブレンドワース社のプリント生地

裾のアクセントが効いています

光に透けると柄が浮かび上がって、美しい生地にうっとり。。

カーテンスタイル

素敵なボタニカルフラワー!

柄の綺麗なカーテン

シェードの裾にストライプのボーダーを加えたので、カーテンの共布タイバックもストライプの生地で作ります。ボタニカルフラワーの生地でタイバックを作ると本体のカーテンと同化してしまって目立ちません。あえて柄の違う生地で作るとそれだけでもアクセントになるのです。

タッセルにも工夫

別柄のタッセルです

レースは実がいっぱいの可愛らしい生地です。程よい透け感と見えにくさもあり、外からの視線がちょっとだけ気になる時にオススメです!

かわいらしいレース

小花柄のかわいいレース

今回ご提案差し上げた生地はBlendworth社のもので、イギリスらしい美しいプリントが特徴のメーカーです。様々な柄があり、どれを使おうか迷ってしまいます(^^) 色ごとに違う柄を組み合わせることができるので、お部屋をトータルコーディネートするのにとても使いやすいです♪ 今回はワインレッド系でまとめましたが、下のブルー系の他にもグリーン系やピンク系もあるので、お部屋に合わせてお選びいただけます。

イギリスのブレンドワース社の生地

イギリスのBlendworth社の生地

デコラドールには世界各国の素敵な輸入生地を豊富に取り揃えております。

是非一度ご来店いただき、お好みの生地をお選びください。

 


オシャレなダブルシェード

世田谷区のM邸のご紹介です。

ナチュラル&モダンにまとめられた素敵なM邸のLD。窓周りにはインパクトのある大きなが柄にしたいとのご希望でした。

お選び頂いたのがイギリスのSANDERSONサンダーソン社の大きな花柄のプリント生地です。店内の見本帳で柄だけを見ると大きすぎるのではないか・・と思いがちですが、こうしてカーテンにすると全然そんなことなありません!むしろこのくらい大柄の方が窓を広く鮮やかに演出してくれます。合わせてお選び頂いたのがドイツのZ+Rのマスタードイエローがとってもオシャレなレース。色の発色がとてもきれいで、日中レースだけでも十分楽しめるデザインの生地です。

大きな柄のダブルシェード

とてもよく映えます

これらをスッキリとダブルシェードにしてみました。陽射しの角度で止める位置を決めることができるので便利ですね!

サンダーソン ダブルシェード

全てダブルシェードですっきりと

ドレープ&レース、とても素敵な組みあわせです♪ M様のセンスが光っていますね!

オシャレなレースの画像

レースがとってもオシャレ!

レースは透け感が抑えられているので、外からの視線が気になる方にもオススメです。程よく見えにくい効果もあり、さらに色とデザインがオシャレなレースです。

Zimmer + Rhode TARO

Zimmer + Rhode TARO

【GW期間中の休業日】

ゴールデンウィーク中は5月3日(火)~4日(水)は休業日とさせて頂きます。ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い致します。

 


北欧調なナチュラルデザインのインテリア

さいたま市S邸のご紹介です。

とても爽やかな風が抜ける見晴らしのよいマンションをご購入されたS様ご夫妻。中古のマンションでしたので内装を奥様のコーディネートでリノベーションされていました。テーマは「北欧調のインテリア」。以前インテリアのお勉強もされていたという奥様は流石にセンスが良く、空間全体のコーディネートがとても上手でした!家具選びから配置まで全て奥様お一人で考えられたというから驚きです。

高層階の素敵なリビングの画像

ウォールナット色のシンプルな家具に可愛らしい花柄のレースです!

北欧風のインテリアの画像

解放感に溢れ、ソファからの眺めは最高!

 

北欧風ダイニングの画像

ルイス・ポールセンのペンダントが可愛らしいダイニングです♪

窓はカーテンの溜まりをなくすためプレーンシェードです。高層階なのでとても日当たりが良く、夏場の陽射し対策として遮光生地にしました。普段はドレープを閉めることが少ないので、レースの後ろ側に隠すようにしてあります。このようなスタイルは「フロントレース」と言いますが、夜カーテンを閉めても常にレースの素敵な柄が楽しめるのでオススメです。

カラフルなレースの画像

花をモチーフにしたカラフルな柄のレース

タッセルはボール状でキュートに(^_-)-☆

可愛らしいタッセルの画像

色も形もポップで楽しいです

キッチンの壁面は今人気のthe dresser/Emma Bridgewaterエマブリッジウォーター のファブリック(生地)をS様ご自身で壁にお貼り下さいました(^^) 簡単にピンで留めただけだそうですが、綺麗に貼られていますね。Emmaがこれまでにデザインした数々の食器を棚に並べたものです。ファブリックと壁紙と両方あります♪

エマ・ブリッジウォーターのThe Dresserの画像

これは壁紙ではなくファブリックなのです

イギリス王室御用達Sanderson社とEmma Bridgewaterがコラボして作りだされたデザイン。この他にも沢山素敵なデザインがあります。The dresserのファブリックは全4色。色によって雰囲気も異なりますね!

エマブリッジウォーター

見ているだけでわくわく楽しくなる柄です♪

インテリアは与えられるのもではなく、そこに住む方ご自身が楽しく創り上げるものなのです(^^) インテリアも十人十色。どれが正しいかなんてありません。ご自分の感性で気楽に楽しく遊んでみてください。もちろん当店では全体のコーディネートを陰ながらお手伝いいたします(^_-)-☆


ナチュラルなお部屋にぴったり!木の柄が素敵なカーテン&バランス

町田市U邸のご紹介です。駅から程近い閑静な住宅街に素敵なお家をご新築されそのLDのカーテンを当店にご依頼くださいました。当初赤いカーテンでお打ち合わせをしていましたが、ご新居で色と柄を合わせると赤のカーテンではちょっと強すぎてしまいダイニングの可愛らしいペンダントライトが活かされません。そして最終的にお選びいただいた生地はこちら! JANE CHURCHILL社(イギリス)のTARASという麻の地に木の柄が刺繍されている素敵な生地。ユニークな木の柄は可愛らしく優しいデザインです。見ているだけで癒される柄ですね(^^)

ドレープレース

こちらが今回お選びいただいたドレープとレース生地です!

大きな掃出窓には両開きカーテンとその上にバランス=上飾りを付けました。こちらのバランスは「フラットバランスのデザインカットスタイル」です。バランスが付くことで窓辺が華やかになり、高級感もでます。バランスを付けると重くなるのでは・・・と懸念される方もいらっしゃいますが、ご覧頂いても分かる通り全然そんなことはありません(^_-)-☆

curtain and valance

バランス付きカーテンとシェードの組み合わせ、ペンダントライトとぴったり!

flat valance

バランスを付けるととっても素敵!

ローマンシェード

シェード裾に木の柄の生地をボーダーとして加えます

tassel tieback and cussion

タッセルももちろん赤!同じ柄のクッションも素敵!!

色や柄の生地を使うとお部屋が賑やかになり過ぎることを心配される方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。使う分量を考え、きちんと全体をまとめてあげれば良いのです。そして所々に主役となるアクセントカラーをさりげなく加えることでお部屋全体に統一感が取れ素敵にまとめることができるのです。 何よりも大切なことは、好きなものに囲まれること。お家&お部屋がどこよりも一番居心地の良い空間であることなのです。デコラドールではお客様のご希望・ご要望に沿って世界でたった一つの素敵なカーテンをお作りします。