ヨーロッパの街角?のような素敵なお手洗い♪

日頃より当店をご愛顧頂いております世田谷区のK邸のご紹介です。

今回はお手洗いのプチリフォームのご依頼を頂きました。

以前からずっとお手洗いの壁紙を変えたい!と切望されていたそうです。そしてこの度優しい旦那様からのオシャレなプレゼントとしてお手洗いのプチリフォームが実現しました(^^)v

元々モダンで清潔感のあるお手洗いでしたが、壁紙、照明、タオルハンガーを変えることによりまるでヨーロッパの街角のような素敵な空間に大変身です。

アイアン調のランプの画像

影がとても素敵です!

アイアン調のブラケット照明から映し出される影はとても素敵!! いくつかご提案した照明の中からこちらをお選びいただいたのですが、商品画像に微かに映っている格子の陰影が印象的だったそうです。やはりセンスの良いK様の着眼点が素晴らしいです! お手洗いに入って照明を付けると、柄とのコントラストと共に無地の壁紙がより活きてくる瞬間です。日本では壁紙というと悲しいことに無地が主流ですが、このように素敵な柄の壁紙をメインにし、無地はそれに合わせてサブとして使用していただきたいです。

ヨーロピアンなお手洗いの画像

タオルハンガーもこれまでのシルバーのものを外し、照明に合わせてアイアン調のものをご提案差し上げました。K様も「まるでヨーロッパの街角を歩いているみたい!」と喜んでいらっしゃいました。それをお聞きできてとても嬉しい限りです(^^)v

トイレにはウィリアム・モリスの壁紙の画像

部分張りがオシャレなんです。

壁紙はウィリアム・モリスのクリサンティマムというデザインのものです。モリス独特のモダンで優しい植物画にトーンを抑えた色合いの素敵な壁紙。なんとも上品で大人っぽい空間です!さらに前後に配することで空間に奥行き感と高級感がでます。

壁紙施工前のトイレの画像

プチリフォーム前の状態です

プチリフォーム前の状態と比較すれば違いが実感できるかと思います。毎日使用する空間だからこそ素敵にアレンジしたいですね!

最後にご紹介したいのがK様が製作されましたカルトナージュの小箱です。当店のハギレセールでご購入頂いた生地で作られたそうです。とても豪華で生地のアレンジが素敵です。作品もインテリアの楽しみ方もセンスが光る世田谷区のK邸でした。

カルトナージュ作品の画像

アレンジの仕方が素晴らしいですね!

当店のブログでは”トイレ”に関する記事へのアクセスがとても多いのです。みなさん関心がある証拠なのかもしれませんね(^_-)-☆ 普段扉を閉めている空間だからこそ大胆に遊べるのです。いきなり寝室やリビングの壁紙を変えることに不安な方は先ずはお手洗いで試してみてはいかがですか? 壁紙の奥深い世界を垣間見ることができます。お手洗いだけの施工であれば便器を取り外すことはありませんし一日で作業は完了しますので、まずはお気軽にご相談ください(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.decorador.co.jp/blog/wallcoverings/restroom_european/trackback/